2005年07月21日

いよいよ最終戦!

えらい弱気なコメントを発していた魚沼が今節のトップを獲得、2週連続最下位で5節守っていた首位の座から滑り落ちた横浜、ひょんなことから始まったファンサカバトルは前半戦の最終節を前にして優勝争いが混沌として参りました

現在総合4位の丹沢、首位大田とのfp差は25

この差をひっくり返すにはリスクを背負ったギャンブルにでるしかない!
とはいえ、ここ数節の上位チームのメンバーをみているとアラウージョや大黒、大田、森崎和などFW・MF陣は同じようなメンバー構成でここで大差をつけるには難しいと思われます(しいていえば今回は吉原の取捨がポイントか?)

ということはDF・GK陣で勝負なわけで・・・
つまりはここを同一チームの選手で固めて無失点勝利に賭けてみます

さてどこのチームで固めるか・・・



首位からのfp差は以下のとおり

 (1)大田 (−)
 (2)横浜 (12)
 (3)世田谷(19)
 (4)丹沢 (25)
 (5)魚沼 (42) 
 (6)神奈川(47)
 (7)山形 (97)


弱気な魚沼の当初の目標の3位までとは23fp差




もうひとつ気になるローカルリーグ関東勢の争いは・・・

 (1)丹沢  951fp(598位)
 (2)世田谷 948fp(617位) 
 (3)横浜  934fp(826位)

僅差で我が丹沢が首位に立ちました
このまま順調に行けば3チームともイースタンリーグに昇格です
そして注目なのが節ごとにfpを伸ばしている山形
昨年一年伸び悩んでいたようですがここにきて一気に昇格圏内に入ってきた模様
果たして後半戦から同一リーグで戦うことができますでしょうか?



さて、節ごとに高fp獲得者が増えバトルを重ねるにつれレベルが上がっていると参加者全員が感じていると思われるのでちょいとここまでの節ごとの平均獲得fpを調べてみました

 7節 65.6fp(バトル初戦)
 9節 76.1fp
 11節 76.3fp
 12節 91fp
 13節 92.3fp
 15節 89fp
 17節 96.9fp
 18節 ???


節ごとに平均を上げ続け15節こそ若干下げたものの今節再び新記録を樹立(なんと96.9fp!)
こちらによる今節の平均が81.83fpと考えるとかなりハイレベルなのではないでしょうか?
競い合うことによって他チームのメンバー構成等を研究して自然と切磋琢磨していたんですね〜



果たしてこのバトルを制するのは誰なのか?
泣いても笑っても残り1戦です!


あ、ちなみに1位が同fpのときはどうしますか?      

はっちゃく案は同fpの場合はチーム時価総額が少ない人の勝ちでっていうのでどうでしょう?






 
posted by はっちゃく at 19:53| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ファンタジーサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
天上界の話が聞こえてきたよ〜



はちゃ案に1票
Posted by えれ爺の中のひと at 2005年07月22日 04:58
 それだけうまくやりくりをしている、という意味なので私もこれに同意です。


Posted by Mai.N@七豆の中の人 at 2005年07月24日 21:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。