2005年08月09日

いきなり野球の話題をしてみる


一応中日ファンのはっちゃくさんの疑問

本日の阪神・井川、9失点にもかかわらず自責点1ってなんですの?

これって大リーグでも同じなの?

知らないうちに随分と甘くなったんだな野球って・・・

posted by はっちゃく at 23:28| ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自責点は非常に面倒な判断が必要になって
何点になるか、わかりずらいわけですが
アウトにできる守備機会が既に3回あった場合は
その後は自責点はつかない、というルールが
ありますんで、昨日の場合は
井川がシーツのトスを後逸したエラーがなければ
スリーアウトになっていた、ということになり
その後、どれだけ打たれても自責点はつきません。
投手自身のエラーでも、自責点はつかなくなるんですよ、不思議なことに。

アメリカでもどこでもそうですよ(笑)
防御率は下がりませんが、評価は下がるのも万国共通です(笑)
Posted by トライ at 2005年08月10日 10:28

ありがとうございます

「エラーがなければ・・・」なんて、勝負の世界に「タラレバ」ですかw
Posted by はっちゃく at 2005年08月10日 21:39
こちらでは初めましてです。
余談ですがちょいとおじゃまします。
これってエラーが打球を処理したもの以外
(けん制悪送球やパスボール)でも適用されることがあります。
たとえばランナー一塁の場面で
パスボールでランナー二進
→次の打者がタイムリーヒットを打っても投手に自責点はつきません。
40年ほど前近鉄にいた
ミケンズというピッチャーが当時としては珍しい防御率による出来高契約をしていたのですが、このルールを悪用(?)し、
ランナーを出し強打者を迎えた場面で
わざとけん制悪送球をし、防御率の悪化を防いだという話を
どこかの本で見ました。
Posted by ROCKY at 2005年08月10日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。